『いぬやしき』原作の感想。映画は面白いのか?

「GANTZ」の作者・奥浩哉さんが手がける新たなSFアクション漫画の『いぬやしき』。

2018年には実写版の映画公開が決定しています。

ガンツさながらの迫力満点の画力で、謎の存在から貰った超強力な力を突然手にするという設定でテンポよくカオスに走っていきますが、この先どんな展開に進んでいくのか興味津々で読み進めていました。

 

全10巻で最終回を迎えた本作品の結末に映画化ではどんな落とし所で実写化されるのかとても気になったので原作漫画の感想と一緒に映画化に対して感じている不安感をまとめていこうと思います。

 

※ネタバレのある記事です。

 

序盤はかなり高評価の『いぬやしき』

さすがは「GANTZ」作者と思える独特の世界観で好スタートを切り、SF好きの読者の心を掴んだはずです。

序盤の展開は

  • おじさん(犬屋敷壱郎)と高校生(獅子神皓)の二人が突然の事故で救命措置として全身兵器型サイボーグになる
  • 全身兵器になった二人が自分の手にした力を知る
  • 犬屋敷は人助け、獅子神は非行に走る

 

二人は強大な武器を手に入れて、自分の持っている力が何かわからないがとんでもない力を秘めていることを知っていく。

突然舞い降りてきてサイボーグユニットを置いていった宇宙人たちとの戦いが起こるのか、他の惑星から攻めてくる宇宙人に二人で立ち向かっていく展開になるのかと、なかなかワクワクする始まり方でした。

 

終盤にかけて失速?画はすごい

中盤では2人それぞれの過去のトラウマなど、回想シーンが増えていきます。

  • 非行に走った獅子神は憎かった同級生や、自分を避難する人間をことごとく始末する。
  • 救いのなかった獅子神だが、一人の女性との出会いで変化の気持ちが芽生える。
  • 獅子神の暴挙を見過ごせない犬屋敷はビビりながらも止められるのは自分だけと奮い立つ。

 

ネット掲示板の先にいる人間にも手が出せる最強の身体になってどんどん被害拡大していきますが、遂に犬屋敷おじさんの介入で暴れていた獅子神は標的を同じくサイボーグの犬屋敷に向けます。

二人の戦いが始まり、激化、激しい戦闘シーンの連続。

あれ?1コマがやたらと大きくてストーリーが特になくなってきた。

 

ドーン!、ドーン!!、キュイーン!、バーン!

1冊終了。

さすがの画力で迫力のある戦闘シーンですが大して物語が進んでこなくなりました。

 

最終回は隕石が落ちてくるという結末

隕石

同じ兵器の獅子神と犬屋敷ですが、ほんの僅かなスキを突いて犬屋敷が戦いをリード。

見事に獅子神の機能停止に成功しますが、二人の戦いで犠牲になってしまった被害は甚大で犬屋敷はその被害を少しでも減らそうと人命救助に走ることに。

一方、機能停止の獅子神は一時的なシャットダウンと両腕の紛失で生き残っており、目を覚ます。戦いは再開かと思われた矢先に突然の隕石軌道を変えてが地球に落下してくるというアルマゲドン展開。

 

「これは自分にしか出来ないかもしれない」と心を決めて隕石に向かう犬屋敷。

そしてまさかの衝撃的なオチで最終回を迎えました。読み切り漫画のラストのような終わり方にはびっくりしましたね。

 

“ケイ”

映画ではどんな結末が描かれるのでしょうか。原作を忠実に再現とかだったら危険な臭いがします。

 

映画 いぬやしき 見る?見ない?

イマイチ、あまり深さがないというか面白みに欠ける作品に感じましたが、迫力は十分ありそうな映画が期待できる予感もします。

実写映画の主演を務めるのは「るろうに剣心」や「亜人」でも主演を努め、アクション作品での評判も非常にいい佐藤健さんです。

このキャスティングできたということはド派手な演出と息とつかないテンポでラストまで一気に駆け抜ける映画が予想されるのでシンプルに見ていて楽しい映画になりそうです。

 

「亜人」も話の内容は置いといても、見応え充分な出来上がりで楽しめる作品でした。

おすすめ亜人は面白い?原作を超えたとの声も?!

放送が終了してしまったドラマをもう一度見たい方へ。
 

  • 仕事が忙しくて毎週見ていたドラマを見逃してしまった。
  • 最新話を見逃してしまって友達の話についていけない。
  • 気になる俳優の過去の出演作品をすぐに見たい!

 
【無料お試し期間あり】管理人が実際に使って検証済み!最新ドラマも見れる動画配信サービスは?

この情報をシェアする